愛しく想う笑いについて

静岡にある実家に帰省した時のこと。 実家に到着したのは22時過ぎだったので、末っ子は既に床についており、次男坊は夜の街へと出かけていた。母親だけがぼくを温かい部屋に迎え入れてくれた。 居間には、狭いスペースに不釣り合いな大きいテレビがどんと置…

靴を買うタイミングについて

「良い靴を履きなさい。良い靴は素敵な場所へ連れていってくれるから。わかった?」 小学校の頃の担任教師だったか、はたまた母親だったのか定かではないが、この言葉を言われた小さい頃の自分は妙に納得したことを覚えている。 ここ4年間、新しく靴を買った…

吹けば飛ぶような大和魂について

【いきなり外国人に、日本語で話しかけられても、人は英語で返してしまう説。】 唐突な文章で始まってしまい申し訳ない。しかも太字で表示されているものだから余計に驚かれたことと思う。けれども聞いてほしい。 僕ら日本人は時々、外国人観光客に話しかけ…

繰り返す「卒業」の輪廻について

今週のお題「卒業」。 たまにこうしたお題で書いてみると、視野が広がる気がする。例のごとく書きながら、書きたいことを考えなければいけないのが億劫ではあるものの、とにかく親指を動かしてみることにする。 学校からの卒業 卒業。輝かしくも懐かしい響き…

こびりつく言葉の呪いについて

ある日、静岡に住むホームレスみたいな格好をした友人と箱根にドライブをしに行った。友人はベテランホームレスのような格好をしているので、服も汚ければ、髪も長い。ストレートの長髪はまだ許せるが、天パである。天パで髪が長いことはそのまま不潔に直結…

ニコニコ動画の衰退について

仕事の休憩中に、なんとなくニュースサイトを見ていたら飛び込んできた「ニコニコ動画、初のプレミアム会員数減少」という見出し。 ニコニコ動画に出会ったのはたしか14歳の頃だから、かれこれもう10年以上お世話になっている。世間では殿様商売・オワコンな…

冬の寒さについて

「夏と冬だったら、冬の方が好き。」と言っていたのは中学時代からの腐れ縁であるリサちゃんだったと思う。その理由を聞いてみると「夏の暑さは服を脱いで裸になったとしても暑いじゃん。冬は服を着れば着るほど寒さを防げる。」と彼女は答えた。ぼくといえ…

将棋の歴史について

将棋が好きだ。 と言うと高確率で「強いの?」と訊かれるので「友人とやればあまり負けません。」と無難な回答をする。先日、とある会社の社長とお話させていただく際に、同じようなシチュエーションがあった。冬の寒さがより一層厳しくなってきた1月のこと…

京都の町のトイレ事情について

京都の町にはトイレがない。 人生において京都には、3回しか足を運んだことがないが、この3度の観光を通じてもっとも鮮烈に抱いた印象が「トイレない」である。 食事中には水をゴクゴクと飲み、暇さえあればお茶を飲み、夜には大量の酒を舐めるぼくにとって…

修学旅行の夜について

今週のお題「恋バナ」ということで、興味本位で書いてみる。「恋バナ」と聞いて、パッと思いついたのが、お題目にもある通り、修学旅行の夜である。 小学、中学、高学とそれぞれ学びを修める旅行に行くことで、普段は学び舎で切磋琢磨している友人たちと、京…

年末年始に役立ちそうなリンク集

休日・夜間の診療が受けられる医療機関 急な病気や怪我などの時に休日・夜間などでも診療が受けられる東京都内の病院をまとめたものです。東京以外の地域でも「〇〇(地域名) 休日 夜間 診療」などで検索すれば情報が手にはいるはずです。 www.tokyo.med.or…